So-net無料ブログ作成

東調布公園 [東京都大田区]

今日は子供たちを連れて大田区の東調布公園に行ってきました。アクセスは環八から中原街道で都心に向かい、しばらくしたところでアルプスの大きな社屋のところで右折する。この通りは青年館通と呼ばれ、細い道ながらもバスが通っている。そこをしばらく進むと右手に公園が広がる。そこが東調布公園だ。通りから見ただけでもたくさんの人手でおびただしいほどの自転車が並んでいる。駐車場は公園にあるがせいぜい10台くらいしか停められず、野球場の分だけですぐに満車だ。ただ周囲にコインパーキングはたくさんあるので何とか車は停められた。だいたい1時間300円くらいだ。

東調布公園01.jpg

コインパーキングがプール側のほうだったため、最初はプールのあるゾーンの横を抜ける。ウォータースライダーなんかがある本格的なレジャープールである。野球場や交通公園があるところから荻中公園と同じような役割を果たしている事がわかる。最初にたどりついた入り口はプールと遊具コーナの入り口だ。ブランコに複合遊具とけっこう遊具は普通そうだが、日曜日という事もあってもんそう語彙人出である。遊具コーナーの中心にあるのは背の高い幼児用複合遊具だストレートだけとはいえ5面も滑り台がある幼児用としてはかなり大きな複合遊具である。

東調布公園02.jpg

 でも一番インパクトがあるのは吊り輪。赤羽公園なんかにあったようなアレなのだが、あるならあるで大人だけではなく子供たちの興味もそそるようで、数回抱っこして釣り綿ブランコを握らせてあげた。幼児というものはけっこう自分の体を支えられるようで、5歳の娘でさえもぶらぶらとゆすられながらつかまっていた。

東調布公園03.jpg

 

しばらく遊んでからすぐに目的である交通公園に向かう。ここでは自転車、補助輪付き自転車と足こぎカートを無料で借りられる。真ん中のちびっ子コーナーでは三輪車なんかも借りられる。借りる方法は貸し出しノートに書いて並ぶだけ。たくさんのボランティアが手取り足取り準備してくれる。たくさん居る上にものすごく親切で、交通公園としては小さいながらも人気がある。萩中公園と違い昼休みも継続して利用は出来る。同じ大田区とはいえ運用に関してはものすごい差がある。自転車はあまり新しくは無いが良く整備されている感じで、この公園のソフトパワーを写しているようだ。

東調布公園04.jpg 

交通公園の中には消防車の敗者なんかが置いてあって、こちらも何故か人気。後ろから登る事も出来るようになっていて、ぼろいとはいえうまく遊ばせられている。

今回この交通公園を心底楽しんだのは5歳になる娘。最近やっと補助輪付き自転車をまともに乗れるようになったので、うれしくて何週もぐるぐる回っていた。逆に息子のほうは、物足りないみたいで足こぎカートを中心に遊んだあとに消防車なんかの上でたそがれていた。

東調布公園05.jpg 東調布公園06.jpg

 今日子供たちの心をつかんだのはジャブジャブ池。園内を張り巡らされた水路や池ノうち、ほんのちょっとだけ水を流していた。天気が今ひとつだったが、朝から蒸し暑い天気だったのでものすごくたくさんの幼児達が水浴びをしていた。今回は全体のほんの1/4くらいだったが、前面に水が流れる夏になたらものすごい事になりそうである。

東調布公園07.jpg 東調布公園08.jpg

東調布公園09.jpg

残念だったのは滑り台が、先の地震で少し傾いたため点検が必要となり立ち入り禁止となっていた事だ。隣接するアスレチックも閉鎖されている。早い復旧を祈るばかりである。

東調布公園10.jpg 

 

東調布公園(東京都大田区南雪谷5丁目13-1)

区立公園:面積25.229㎡

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2