SSブログ

景丘公園 [東京都渋谷区]

前回は酔っぱらいの方がいらっしゃったために遊具をあまり見られなかったのでもういっかい行ってみた。

景丘公園05.jpg

広い広場の一番奥に大型の遊具。一見大量生産品っぽく見えるが近づいてみると結構個性的だ。特に向かって右側の方は随分と立派に作りこまれている。

景丘公園03.jpg 

 前回、あまり見られなかった滑り台部分。スパイラルタイプとトンネルタイプの2つがついている。前に来たのは3年前だから設置されてから少なくとも3年以上経っているのだが、まだまだっ古さを感じない。

景丘公園01.jpg

そして入って右手に見えていた部分。高い端の部分の向こうには、鉄パイプで作られた円筒形のやぐらがある。この部分はあまり見たことがないタイプの遊具だ。そしてなかなかの迫力だ。

景丘公園02.jpg

 そして、改めてトイレと自動販売機。ここの公園はこの赤いレンガでデザインが統一されていてとても綺麗だ。地味だけど結構気持ちの良い公園だ。

景丘公園04.jpg

 景丘公園(東京都渋谷区4丁目19-21)

区立公園:面積1,004㎡

恵比寿ガーデンプレイスに道路を挟んで隣接した公園。同様に隣接しているアメリカ橋公園(こちらは完全大人向け公園)と一体的なデザインとなっている。そのデザインの流れなのかレンガの壁で囲われている。まぁガーデンプレイス全体の一体感を目指したのだろうが、残念ながらまるで公園ではなく保育園の園庭であるかのような拒絶感がある。それでも前の通りが車通りが少ないせいかタクシーの運転手がトイレを利用している。とりあえず拒絶間にめげずに公園内に入ってみる。

SH3C0131.jpg

公園の構成は手前に広場があって、その奥に若干大きめの複合遊具、右側にトイレと鉄のアーチが配置されている。右側のアーチの横からはまたさらに隣接する「景丘緑地」につながっている。複合遊具は比較的背の高いスパイラル状の滑り台とトンネルすべり台がついていて、小さい子供向けというよりも、自分ひとりで滑り台に乗れるようになった幼稚園児くらいの子供以上が対象っぽい。すべり台以外のアスレチック部分もそれくらいの難易度ではある。ただ遊具全体としては「大きい」と言うには小さく、鬼ごっこなどのような発展的な遊びの道具としては若干物足りない感じだ。

 SH3C0132.jpg

公園全体としては非常にきれいで、1時間くらいならば充分遊べそうな感じである。恵比寿ガーデンプレイスには隣接しているので、もし行った場合には知っていると便利な感じ、地面は砂になっていて泥で汚れないようになっているというのも、そのへんに配慮した結果か?


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

入三西公園伊達児童遊園地 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。